Youtube・サイトアフィリエイト・Twitterアフィリエイト・転売・ヤフオク・通販等の情報を動画形式でアップ

ネットビジネス情報動画まとめ(Youtube・ヤフオク・アフィリエイト・アドセンス・転売等)

■テーマ「副業 原則自由」

大副業時代の到来から読み取る未来予想図

更新日:

チャンネル登録すると再訪問が楽になります。
他の音声も聞きたいと思った人は次のリンクをタッチして
チャンネル登録してください。→ https://goo.gl/ehWDmn

時代に対応した人は上手くいきます。

独自のリサーチでは次のようなサイトは
多くのアクセスを集めています。

熱血!副業部

こういったサイトや本、人から
情報収集して副業をはじめる事も1つです。

ただ副業で儲けようとするだけじゃなく、

副業に興味がある人を見込み客として
儲けようと考えるのも1つという事です。

【概要】

大副業時代とは政府や企業が今まで
原則副業はやっちゃいけませんよ。

と言っていたのが、モデル就業規則を改定して、
副業をしても良いですよ。と法律が変わって、
今後さらに副業をする人達が増えるんじゃないか?

という流れの事です。

今まで勤めている会社にバレずに副業する方法が
無いかと考える人がいたと思うんですけど、

これからは堂々と副業出来るようになるわけです。

ここで1つビジネスの大原則について復習で、
少し抽象度を高めて話をします。

【法律の変わり目はチャンス】

お金儲けの秘訣で法律の変わり目っていうのは
凄く大事で、例えば、2012年にダンスが中学校の
必修科目になった事でダンス教室が流行りました。

当時僕はホームページの制作会社の営業をしてて、
その時の上司が言ってて、ダンス教室なんかは
これから見込み客になりやすいんじゃないかと。

他には2015年にSIMロック解除の義務化が
法律で改定されて、SIMフリーっていう言葉
が流行ったりとか、格安SIMとか、

MVNOが流行ってmineoが出てきたりとか、
楽天とかYahooがスマホ業界に参入して、
携帯代が安くなったりとか、

SIMフリーでどうやって携帯代をやすくするのか?
っていうノウハウや知識を公開するアフィリエイトも伸びました。

2016年に電力の自由化がはじまって
電力の比較サイトのエネチェンジが大ヒットしました。

海外でも法律の変わり目はチャンスがあって、
どこの国だったかは忘れたんですけど、

それまでバイクに乗るのにヘルメットの着用が
必要無かった国で、法律が変わって、バイクに
乗る時はヘルメットをしないと罰金ですよ。

とルールが変わった。

これに目をつけた人が

【日本で余った中古のヘルメットを海外に
持っていき一気に億万長者。】

法律の変わり目は凄くチャンスがうまれるタイミングです。

法律が変わっても対応せずにアウトサイダー
になる事はとてもリスクの高い事です。

法律のパワーっていうのは抗う事が難しいし、
対応する必要性は高いんです。

人は必要性の高い事にお金を払うんで、
法律の変わり目はチャンスです。

今回、副業の法律が変わって、どんどん副業しましょうね、
という動きになって、じゃあ俺も副業やろうかな。
と考えるのも1つですが、

当然ライバルが凄く増えるタイミング
でもあります。投資の考え方と一緒で

【大衆の真逆を行く。】

という事が大切で、周りが副業副業と言い出したら
逆に本業をおろそかにしない。

仮想通貨とかもそうで、みんながビットコインだ
リップルだイーサリアムだと言い出したら手遅れって事です。

なぜこういう動きが必要になるか?

政府や起業が副業を容認する狙いは一体なんなのか?
考える必要があります。

働き方改革の一貫でとか、プラスの側面を見ることも
出来ますけども、AIが発達して、将来仕事が無くなる、
そういった長期的な流れがあります。

今は単なる予想段階なので、まだまだ無くならない
仕事はありますが、少しずつ仕事は減っていく
とは思います。そうすると

副業が当たり前になっている以上、本業の会社が

【リストラをする口実にしてくるかもしれない。】

「副業は原則良いけども、あなたは常識の範囲を越えて
本業を疎かにしてきたから、会社を辞めてもらう」と。

憶測でしか無いですが、将来さらにAIとかIOTとか、
ブロックチェーンとか、技術が発展して、変化に
対応出来ない会社はこれからまた

大規模なリストラって高い確率起こる事です。

最近、武田薬品が海外の企業に6.8兆円という
大きな額で買収されてニュースになりました。

調べてみると買収の前に大幅な人員削減、
つまりリストラがあったようです。

今後も日本は内需が飽和していて工夫をしないと
生き残れない中でリストラが増える。

そうなった時に、副業推進がリストラの口実になり得る。

働き方改革っていう名目の裏にそういった狙い
があるかもしれません。

こういったネガティブな側面と、
もちろんポジティブな側面もあって、

【新しい仕事を作る機会】

将来AIに仕事が奪われるのは確実です。

AIの知能が人間を越える事で大きな変化が起こる事を
シンギュラリティといって技術的特異点とも言います。

今でもシンギュラリティの片鱗がみられると思います。

例えばイオンとかマックスバリューに行くと

既にセルフレジって増えてきてます。

今まで店員さんが商品のバーコードの
読み取りをやってくれてたのが、

今では自分でバーコードの読み取りをやって、
会計はワオンカードで行う。

今後はバーコードの読み取りも機械が
やってくれるようになると言われています。

日本だと変なホテルってところが
ロボットが接客するホテルっていう事で
人員削減が加速してます。

中国だと無人コンビニが凄く増えています。

アメリカだとamazonがAmazon Goといって
これも無人コンビニ、無人スーパーを展開しています。

トヨタも電気自動車に革命を起こしたテスラモーターズも
配車サービスのUberも自動運転のテストを行っています。

今はテストの段階で、事故も起きてますけど、

こういう

【大きな動きには僕ら逆らえない。】

昔は手紙だったのが、電話になって、電話もしなくなって
メールなって、LINEになって、PHSがガラケーになって、
スマホになって…ひと昔前に戻れないですよね。

いろんな技術が発達して多くの仕事が無くなる。
この大きな流れにも逆らえないと思います。

そのためにも今のうちから本業だけに縛られずに
副業をして、新しい仕事を作ってもらう。

自動車に革命を起こした
フォードさんは精肉の解体をみて自動車を
流れ作業で作る事を思いつきました。

それと同じで本業に還元してもらう意味でも、
副業、他の業種での経験を積む事によって

【行き詰まっている本業でイノベーション】

を起こせるかもしれません。

1つの会社で浮気せずに続ける事は
優秀な事だとは思います。

しかし、それが必ずしも結果に
繋がっているかは別です。

本業だけに縛られない。

副業とか、他の業種での経験を積む
というのは本業への還元効果はあると思います。

もちろん大事なのはサラリーマン側だけじゃなくて、
経営者とか管理職の人達が変わる事です。

社員が外部の経験で得たスキル、ノウハウ、知識を
本業に還元してもらうように、アイデアを取り入れる
ようにしていかなくちゃならない。

しかし、むしろ最大のハードルだと思うので、
これも1つの必要性です。

保守的だけど先行きが危うい会社に対して
コンサル出来るかもしれません。

大きい会社が倒産になった時に民事再生法
という言葉を聞きます。、

本来ならそうなる前に手をうつべきですよね?

しかし、現実にやばくなる前に対策する法律は無い、
ならそういうサービスが生まれても良いと思います。

こういう風に大副業時代、よし俺も副業はじめよう
というのではなく、法律の変わり目で、政府は
一体どんな狙いを持って仕掛けてきたのか?

考えると、いろんなアイデアだったり、必要性が
生まれている事がわかります。

…etc

 私のネットビジネス10年の経験から信用が出来ると考えられる企業様の広告を下記に掲載しています。
 
上記の広告は、このサイトの掲載動画の内容とは直接関係は御座いません

ネットビジネスコミュニティーチャット

LOADING...

-■テーマ「副業 原則自由」

Copyright© ネットビジネス情報動画まとめ(Youtube・ヤフオク・アフィリエイト・アドセンス・転売等) , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.