Youtube・サイトアフィリエイト・Twitterアフィリエイト・転売・ヤフオク・通販等の情報を動画形式でアップ

ネットビジネス情報動画まとめ(Youtube・ヤフオク・アフィリエイト・アドセンス・転売等)

■テーマ「ニューロマーケティング」

ニューロマーケティングがビジネスを進化させる

更新日:

マインドライフソリューションズのドクター遠藤です。

========================
以下のリンクをクリックしてください
HP: http://mind.life/
FB: https://www.facebook.com/mindlifesolutions/
YT: https://www.youtube.com/channel/UCBAlxilA8y2whSSKs60ZDyg
Twitter: @minddotlife
Instagram: @mind.life.solutions
Produced by Merlin Creation:
http://merlin.co.jp/
=========

今回のトピックは ”ニューロマーケティングがビジネスを進化させる”です。

効率の悪い会議、何の意味があるんだ?
自分の会社がどうしても好きになれない・・・

何なんだ、モットーって?
何なんだ、ミッションって?
何なんだ、うちらが売っている商品って?
本当に良いのか分からない!

そういう問題がある方々には朗報です。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
今回は、
ニューロマーケティングについて
ちょっと違った路線でお話したいと思います。

今までは、
エクスターナルなニューロマーケティングについてお話ししてきました。
今回は、
インターナルなニューロマーケティングについてお話しをします。

エクスターナルなマーケティングというのは、
お客様、顧客に対してマーケティングをすることです。
「社外」ですね。

インターナルなマーケティングというのは、
「社内」に対してマーケティングをすることです。

自分たちの会社員だって、一応お客さんではあるんですよ。
会社員が、自分たちの商品・サービスを好きでないなら
社外に対してのマーケティングも効果を持ちません。

例えば、会議というのもインターナルなマーケティングの一種です。
広範囲に教育をしていますからね。

それなのに、
会議の中でのメッセージや覚えてほしいこと、知ってほしいことが
聞いている人たちに全く届いていなかった場合、
これはマーケティングとしては成功していないですよね。

自分たちのミッションステートメントを言えない社員、かなりいるんですよね。
目的、バリュー、価値観を言えない。会社のビションが何なのか分からない。
これだと、完全に社内のマーケティングが終了していることになります。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

私いつも思うんですけど、
セールスとマーケティング、この2つは義務教育で覚えさせろよって本当に思うんです!

セールスは、お客さんに対してだけではなくて、
自分の部下や、上司に対してでも使います。
交渉したり、説得したりするために必要なものです。

マーケティングは、より広範囲の人たちに
教育や技術、情報の提供を効率よくすることを可能にします。
また、自分や自分の会社のブランド力を上げたりPRしたりと、使い方が多種に渡ります。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

今では、ハーバードとかスタンフォードも
ニューロマーケティングを使っています。

当然広告にどのように使うのかや、ビジネススクールにおいての研究にも使われています。
しかし、それに加えて、学生たちが教授の話を聞いて、
どう反応するのかというのを測るためにも使われているんです。
脳波を測ったり、脈拍を測ったり、目線がどこに行っているのかを見たりしてね。

これと同じ方法を会社でも活用できます。
社長が話している際、社員の何人かに機材をくっつければ
社長が言っていることをちゃんと理解してるかどうか把握することが可能なんです。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

アンケートを取ると、だいたいの人は嘘をつきます。

嘘をつこうと思ってついてるわけじゃないんですけど、
なんかね、自分の昇進に良く響くのなら、いいこと書こうって思うじゃん。

「今回の社長のスピーチどう思いましたか?」って聞かれて、
「すげー悪いです」って絶対◯つけられないじゃないですか。
「良かったです」とか「すごく良かったです」ばかりに〇がつきそうですよね。
文句をなかなかいえない状況だから、何も改善がされないんです。

もう一つの理由は、
人間は自分が無意識においてどう思っているかというのを
ほとんど把握していないということです。

意識、無意識との間にギャップがあるわけです。

だから
「どうやったら改善したらいいですか?」とか「どこが良かったですか?」って
尋ねたときに出てくるアイディアや意見ってほとんどの場合、
無意識が決めていることなのにも関わらず
意識の部分で答えてしまうので、答えにギャップが出てくるんです。

せっかく改善したと思ったのに、
別のお客さんや社員はいいと思わなかったりするわけです。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ニューロマーケティングを社内でも使える方法を紹介します。

一つ目。
会議に出席している社員一人、二人に脈拍を測る機材を取り付けて
集中力が低下しないかどうか見てみる。
面白いんじゃないでしょうか。

2つ目。
社員は会社に入ってきてウキウキするか、気分が良くなるか、
新しいことが発生している場合は、それを認知するかどうか。
これを確認する。

お客さんが集中してくれること、認知してくれること、
「あっ、面白い!」と思ってくれること、
集中して見てくれること、記憶してくれること、最終的には行動に促すということが
ニューロマーケティングの概念です。

なので、社員についても
今会社内で起きている新しいことや、今やっていることを認知してくれるのどうか、
集中して見てくれるかどうか、それを実際記憶しているのかを
把握する必要があります。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

3つめ。
口コミです。

何よりも大事なのは、
社員が会社の商品を家族や友達に紹介しているかどうかですか。
または、会社がやっていることを説明したことがあるかどうかです。

それがないという場合は、
社内のマーケティングがちゃんと行われていないということです。

この状況を改善するためには、少し人間の心理学を考えて配信することが必要です。

お客さんが無限にいるような、社外に対してだったら
散弾銃をショットガン方式で打ち続けたらどれか一個当たるでしょ!
みたいな方式でも構いません。
この世界には71億人もの顧客がありえるのですから。
適当に配信すればそのうち当たるでしょう。

でも、社内の人たちは、人数が限られています。
その人たちの心理、脳みそが理解できるようなマーケティングや教育方法、
モチベーションの上げ方、ニューロマーケティングを使って、ぜひ考えてみてください。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

インターナルなマーケティングを行うために
高い機材を買う必要はありません。
心拍数を測る機材と、発汗量を測る機材があればOKです。

発汗すればするほど興奮しているということなので、
その興奮の度合いを見て、仕事に興奮しているかどうかというのを測るのもありです。
会議中、ちゃんと聞いてるのかどうかというのもね。
目だけは見てるけど、意識が飛んでいる人たちいっぱいいますから(笑)

こういうのを検査法として入れてみてはいかがですか?

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
この記事が面白いなと思ったら是非
「いいね!」を押したり、コメントを残したり、シェアをしたりしてください。

ではまた次回お会いしましょう。
ありがとうございます。

========================
以下のリンクをクリックしてください
HP: http://mind.life/
FB: https://www.facebook.com/mindlifesolutions/
YT: https://www.youtube.com/channel/UCBAlxilA8y2whSSKs60ZDyg
Twitter: @minddotlife
Instagram: @mind.life.solutions
Produced by Merlin Creation:
http://merlin.co.jp/
=========

ネットビジネスコミュニティーチャット

LOADING...

-■テーマ「ニューロマーケティング」

Copyright© ネットビジネス情報動画まとめ(Youtube・ヤフオク・アフィリエイト・アドセンス・転売等) , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.