Youtube・サイトアフィリエイト・Twitterアフィリエイト・転売・ヤフオク・通販等の情報を動画形式でアップ

ネットビジネス情報動画まとめ(Youtube・ヤフオク・アフィリエイト・アドセンス・転売等)

〇テーマ「マーケティング」

動画マーケティング実践 カメラのライト 光の当たり具合 ライティング

投稿日:

 私のネットビジネス10年の経験から信用が出来ると考えられる企業様の広告を下記に掲載しています。
 
上記の広告は、このサイトの掲載動画の内容とは直接関係は御座いません

ライトのレッスン、ライトは常にカメラの後ろに入れます。
太陽がカメラの後ろにあると良い状態
逆にして、太陽の方を向けると影が出来て見えなくなってしまいます。
何故起きるかというとダイナミックレンジ。
人間の目はそのレンジは広く、捉える事ができますが、
カメラにはそのレンジがあるものが少なく、
一番強い光源で光の調整をします。おおよそ太陽の光です。

第一ルールは、カメラの後ろにライトです!
くもりの日はソフトライトで良いライト加減です。
これがハードライトの日もあり、凄く濃い影ができます。

ハードライトを避けるためには曇った日に撮影するか、ゴールデンアワーに作ってみる。
※ゴールデンアワーは日の出の1時間後
そして日の入り1時間前です。

その時は外で撮るのに適しています。

室内でも同じルールです。
窓をバックに撮るのは良くありません。

良く質問を受けるのが
素晴らしい景色を後ろにビデオ撮って良いですか?

答えは
NOです!

ただし、人工的なライトがカメラの後ろにあり、
メインの物体に当たっているならOKです。

ベストは光源をカメラの後ろに持っていてください。

光源から離れるとソフトライトが手に入ります、
つまり窓から離れたりするんです。

外にでるとハードライトにより、首の下に影ができています。

思ったよりハードライトではありませんが。日の光が強い日の撮影は眉間にしわがより、目を細めたり、顔をしかめます。

なので、強い日の光の日に撮影は避けてください。

では、学んだ事をレッスンにして撮影してください。
一番学びが多いのは教えることです。ぜひやってみてください。

マーケティングコンサルタント
石塚 洋輔とLINE@でつながる↓
https://line.me/R/ti/p/%40pzv3063s

Facebookメッセンジャーbotを体感する
⇨m.me/yosuke.ishizuka.consultant

メルマガ登録はこちら
https://maroon-ex.jp/fx48098/8CQiP0

石塚洋輔ブログ
https://ishizuka-yosuke.themedia.jp/

 

ネットビジネスコミュニティーチャット

LOADING...

-〇テーマ「マーケティング」

Copyright© ネットビジネス情報動画まとめ(Youtube・ヤフオク・アフィリエイト・アドセンス・転売等) , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.